▶Good for me, good for the planet - 人にも、地球にも優しいトレンド

なぜいま、サステナビリティなのか?

 「エコ」や「オーガニック」という言葉は、誰もが知っていると思います。地球環境を保全して温暖化を食い止める(=エコ)ために、人工的な肥料や添加物を使わない(=オーガニック)食材や製品を使う意識は、先進国を中心に全世界に広まっていると言えるかもしれません。
 資源のリサイクルも、エコの1つです。コピー用紙には再生紙が使われることが多く、アルミ缶やビン、ペットボトルの分別回収は定着しています。
 さかのぼれば江戸時代は、“もったいない”精神にもとづく再利用文化が根付いていた時代だという説は、多くの専門家が主張しています。
 このように古くから現在まで脈々と受け継がれてきた考え方や習慣を、「地球を未来に残す」という観点でとらえなおしたものが「サステナビリティ(sustainability)」です。 
 日本では、自然にサステナブルな生活を実践してきたといえるでしょう。
 
 またサステナビリティは、SDGsの根幹をなす概念としても注目されています。
 SDGsは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連持続可能な開発サミットで採択された“17の目標”です。
 近年は教育現場で授業の一環として取り上げられているほか、テレビや雑誌で特集が組まれるなど、SDGsは私たちの間に急速に広まってきています。
 ですがSDGsは、新しい考え方では決してありません。私たちにはすでに、SDGsの目標達成につながる、一歩進んだサステナブルな生活を受け入れる土壌があるのです。 
 
 SDGsの17の目標には、環境保全だけではなく、貧困問題の解決、健康な生活の維持、食品ロスの減少、労働環境の改善、暴力の撲滅といった社会的、経済的な課題も盛り込まれているからです。
 そして企業側には、SDGs達成のための積極的なアクションと、消費者への説明責任が求められています。
 

  SDGsの目標のうち、特に貧困問題の解決と労働環境の改善は、バリーカレボーのForever Chocolateの取り組みの目標とも一致しています。バリーカレボーは、環境負荷を減らし、農作物の作り手と企業との富の不均衡を是正するためにさまざまな施策を行い、その結果を公表しています。   

https://www.barry-callebaut.com/en/group/forever-chocolate/sustainability-reporting/progress-report-201920

(*英語のみ)

サステナビリティ意識の高まり

 ミレニアル世代(20代半ば~40歳)やZ世代(9歳~20代半ば)は、「環境」「エコ」「オーガニック」「地球温暖化」「リサイクル」という言葉を、学校で、あるいはメディアを通じて耳にして、育った世代です。
 また、学校ではボランティアや自然体験活動が推奨され、企業では、事業を通じて社会に貢献するCSR(企業の社会的責任)が重視されるようになっています。
 そのためミレニアル世代、Z世代は社会課題への問題意識が高く、7割超が「社会課題に関心がある」と回答した、という調査結果もあります(サステナブル・ブランド国際会議2019東京の調査)。
 ここで、バリーカレボーが2019年4~5月に日本で実施した「サステナビリティ消費者調査結果2019」の結果をご紹介します。
(調査対象: 23歳以上〜68歳未満のチョコレート関連産業に従事していない男女 315名( 日本 ))   
 

 消費者は目的意識が明確な企業を求めており、中でも環境保護活動を行う企業に注目しています。

 

  消費者はサステナブルな製品はお金を払って手に入れる価値があると考えています。中でも、サステナブルなチョコレートを購入したいと考えている人は、約50%に及びます。

チョコレートでサステナビリティの大切さを伝える

 サステナビリティの意識は、日本中、世界中で若い世代を中心に確実に広まってきています。行動を選択する際に、より「サステナブル」なほうを選ぶ時代は、すぐそこまで来ているのです。

 シェフのみなさん、メーカーのみなさんの中には、いち早く、できることから取り組んでいる方もいらっしゃいます。
 ですが、より多くの方がサステナブルなアクションを実行すれば、それだけ早く、持続可能な社会に近づくことができるのです。
 SDGsには、「誰ひとり取り残さない」という大切な理念があります。これは本来、“地球上のすべての人が幸せな未来を迎えられるように”という意味ではありますが、裏を返せば、その目的を達成するために、地球上のすべての人がアクションを起こす、ということだと言えます。
 バリーカレボーは、サステナブルな事業に取り組み、選りすぐったチョコレートを提供してきました。
今回で3回目を迎える2021年のチョコレート イノベーション コンテストは、「サステナブル調達カカオを使用した、次世代へ贈るチョコレート作品」です。
 新世代のシェフのみなさん。バリーカレボーと一緒にアクションを起こし、幅広い世代にサステナビリティの大切さを伝える一歩を、踏み出してみませんか?
 あなたの作品が、多くの農家の人々を貧困から救う手助けとなり、地球の未来をつなぐ糸の1本になります。
 素晴らしい作品を、心からお待ちしています。